院長のブログ 歪みについて 1

 

歪みと書いて、ひずみやゆがみと読みます。

ひずみは何らかの力が加わって、ゆがんだ状態です。ゆがみは本来の形でない状態です。

動物と森林などの植物と比較しますと、一般的に多くの動物は植物より短命です

動物は移動できるので、植物と比べれば、生活環境選択権が、より多くあります。

動物は生活環境が今までより困難な環境になると、環境適応の出来る場所を求めて移動します。

けれども、動くことは、いろいろな力の影響を受けて身体がひずみ、ゆがんで壊れていきます。

動物、ヒト、植物、全ての生物の歪みが、個体の命の長さや病気と関わります

植物は移動できないので、動物よりは歪みが少ないのです。これが比較的長寿の理由のひとつです。

命が朽ちるまで、環境に適応して生き抜く力を生涯磨き続けます。

適応の方法は多種様々です。沢山の実をつけて次世代に生き残る方法、移動できないので、気候などの

温度、湿度、空気などの変動に耐える力、き抜く力、様々な侵略者からの防御機能ー小さなところでは、

細菌やウイルスなどから生き残る力、動物に捕食されないように実や種に毒を含んで防御する事もしま

す。一方、反対に次世代に環境を変えるためには美味しい実をつくり、動物に捕食してもらったり、風に吹

かれて飛んだりして、他の土地に次世代の種を運んでもらう等あらゆる手段を利用します。 

生物は動物、植物に限らずヒトも同じです。これから、歪みについていろいろと自然の摂理から学び

しょう。動物もヒトも、まさしく動くものです。動く以上はヒトも植物より、より多くの外力によって

歪みが出来のです皆さん歪みについて理解を深めていきましょう。

                                                                                 

                                                                                2017  11  27