院長のブログ 歪みについて  3

歪みは何らかの力が加わって、ゆがんだ状態です。ゆがみは本来の形でない状態です。

病気は何らかの力が加わって、病みだした状態です。病気は本来の健康でない状態です。

歪みの原因のお話をしましょう。

例えば、反復継続した力(毎日の重労働など)、強力な外力(交通事故や転倒など)、自家筋力の収縮(疲労や運動不足等の肉離れなど)、静的な姿勢の保持習慣(デスクワークなど)いろいろと身体が歪む原因があります。

これらの原因は肉体に負担になった力学的要因です。歪みができると本来の働きが身体の負担になって、病を惹き起こしていきます。神経痛や血流低下や筋肉、細胞に傷がついたりします。結果、身体全体の働きが低下して、病の方へ向かい始めます。

自動車のネジが緩んだり、錆びたり、部品の消耗と同じです。本来の働きができずに故障していくのです。人間も自動車も全く同じです。どちらも、正しい運転方法とメンテナンスが必要です。

                                                                             

                                                                                             2018  2  7