院長のブログ2

100年前のお話。フランスの生理学者で医師のルネ・カントンは、医学アカデミーメンバーの一員で、科学アカデミーの学長でした。 生物の起源は海由来です。生命が誕生した相似性や分化などから、様々な動物種の塩分濃度や体温を研究しました。結果、海水ミネラルバランスが命を育む環境の必須要件だと彼は確信しました。

 

果たして、彼は動物やヒトの海水ミネラルバランスを飲用・点滴用の海水を発明しました。動物実験で実証して、生物には海水ミネラルバランスで、いろいろな病気の患者さんに点滴して、改善する事で非常に有名になりました。当時、チフスやコレラなどの疫病が蔓延したときには、海水を利用して治療を行い、10万人以上の命を救助された由。当時、ルネ・カントンの発明は世界中で大ニュースになりました。

 

上記の事実から学びましたことは、体内の海水ミネラルバランス環境を壊すことが病気への歩みの原因となります。生命起源の海から獲得した内なる海(海水ミネラルバランス)が汚れて、細胞レベルで正常な働きが低下して、アンバランスになり、病気になっていきます。その為に、体内の環境汚染を浄化して内なる海をきれいにして、自前の免疫システムを引き出す事が大切です。私達が健康に生きるには、体内環境の海水ミネラルバランスがキーワードです。では、どうすれば良いのでしょうか。

 

                               次回続編をお楽しみに。  2019.07.01